zuyu

2011年の震災をきっかけに、食の大切さ、 健康の大切さを知り、独自に勉強を始めました。
現在は代替医療の現場にてお仕事を行う傍ら、心身に良い影響を与えてくれる技術や食品などを探し続けています。最近、オーガニック料理ソムリエの資格を取得しました。
blog:https://zuyusun.themedia.jp/

記事一覧(39)

生命を育む水とは?

仕事柄、様々な製品などを特殊な機器で測定するのですが、その中でも大変興味深く感じたものがあります。それは、特殊な活性水を出す事が可能なパイウォーター(測定したのは株式会社IBEのもの)です。パイウォーター自体は少し歴史のあるものですが、今では2社が扱っており、製品自体は全く同じものという訳ではないと聞きます。私自身は現在IBE社のものを使用しているのですが、飼っているインコが水を飲んだだけで活発になる、観葉植物が巨大化して元気になる、料理が妙に美味しくなる、などの結果を目の当たりにした事もあり、今では大変気に入っています。塩素やトリハロメタンが体に良くないという事実をご存知の方は多いと思いますが、どれだけ危険性が高いのかを知らないという方は多いのではないでしょうか。ラット実験レベルだと、腸内に過剰にポリープができる事が分かっていますし、人ではアテローム性動脈硬化を引き起こし、心臓や脳に血管障害を引き起こす可能性が高いという事実が1900年代には既に訴えられているのです。では、塩素を除去する浄水器を使えば安心なのかと言われれば、実はそうでもありません。浄水器も製品による性能差が極めて高いことは、海外における試験でも既に明らかになっています。IBE社のパイウォーターは医療機関、あるいは医師が患者の治療に使用し、一定の成果を出しているものなので、安心してお使い頂けるようです。その他の浄水器であれば、除菌にアルミニウムを用いていないか、有害な重金属はどの程度除去できるか、というのが1つのポイントになるのではないかと思います。

1日サロンを開催しました

本日、パイウォーターという素敵なお水を作られているメーカーの方に来て頂き、1日サロンを開催させて頂きました。ご参加頂いた方からは、重たくて閉じ気味だった瞼が持ち上がって目が開くようになった、フェイスラインが上がって小顔になった、シワが減ってツヤツヤになったという嬉しいお声を頂きまして、とても良い会になりました。美味しいケーキや紅茶を楽しみながら、心地よい施術を受けられる、なんともよい空間でした。本日はエアバランスというものを使って施術させて頂いたのですが、3/24はエアバランスに加えて、パイウォーターの試飲、乱れた波長を整える不思議なお水を使った新しい施術をさせて頂く予定です。また、試飲や試食もありますので、かなり贅沢な会になる予定です。施術に関しては、お一人あたり15-20分程度は必要なので、先着5名あるいは10名という形で予めご予約頂き、前でお話をさせて頂きながら、順次施術用のブースで体験してもらうような感じで進めていこうと思っております。施術では神経や精神の乱れを整える事が可能なので、様々な不調で困ってらっしゃる方にもぜひご参加頂きたいと思っております。会への参加には2000円頂きますが、施術などは無料で体験できますので、ご興味ありましたら。ぜひご予約、ご参加下さいませ。

1年を振り返って

今年は本当に、色々な事を体験させて頂いたように思います。オーガニックwebマガジンのINYOUさんで公式ライターとして色々な記事を執筆させて頂いたこと、不定期ながら念願のカフェ出店をさせて頂いたこと、人前で講演をさせて頂く機会が入り始めた事など、総じて『外側へのアウトプット』が増えたように思います。何年もかけて学ばせて頂いた事が、時を経て外に出て行くというプロセスは初めてだったもので、とても新鮮な気持ちです。来年は、早くもセミナーや講演のお話を幾つか頂いたり、自身で企画した会の開催などがあり、今年以上に忙しくなる予感をひしひしと感じています。その中で、来年は更に『世の中になかったようなプロダクト』のリリースを一つの目標としています。世の中ではオーガニックが一つの主流となってきましたが、私自身は現在学んでいる技術を応用する事で、オーガニックを越える素敵なものを生み出す事が出来るという手応えを感じております。来年も、テーマはあくまでも『食』を中心に、様々な悩みを抱えておられる方のお力になる事が出来ればと思っておりますので、こちらのblogは更新が不定期ですが、ぜひお読み頂ければと思います。稚拙な文章ですが、今年も一年お読み頂きまして本当にありがとうございました。来年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

安全で美味しいお肉とは?

健康志向を目指す方の中には、「私はお肉は食べません」という方も少なくありません。お肉を食する事の可否に関しては諸説ありますが、私自身は「体質、あるいは思想」にあわせて選んで頂ければと思います。実際、エネルギーが枯渇気味な方にとってお肉は「強いエネルギー(栄養素)」を取り入れる事が可能な食材です。VB12など、動物性食品からでないと取りにくい栄養素もありますよね。お肉を食べない方が良いと言う話に関しては本当に諸説ありますが、いずれの説も視点が極端な印象があります。お肉を食べることで癌になるという説は「食べているお肉が良くない」だけですし、「生き物の肉を食べる事は良くない」のであれば「心を持つ事が分かっている植物(野菜やお米)はどうするの?」と思います。少し話は逸れましたが、今回は「安全で美味しいお肉ってあるの?」という疑問に対し、情報を簡単にまとめてみたいと思います!どう選べばいい?どのお肉を選ぶに関しても、共通のポイントはあります。まずは生育過程における薬剤の投与量が少ないこと。ワクチンや抗生物質、殺菌剤なども入ります。また、食べているご飯は重要です。生き物達の体も「何を食べているか」で内容成分や栄養が変わります。牛であれば穀類を与えず、牧草を食べているかどうか。豚や鳥であれば飼料の質(適当なミックスの業務用飼料ではなく、人が食べられるようなものをもらっているか)に気を配る事は、とても大切です。また、いずれの生き物に関しても「ストレスフリー」であるほど、品質が良くなりますので、放し飼い、ゲージフリーといったものを選んだ方が、良いものに出会えるでしょう。美味しくて良いものを食べ、毎日を楽しく生きたもの達の命と、よくわからない薬漬けのご飯しか食べられず、狭い中で身動きも取れないまま育てられた命と、どちらを頂きたいかと言われれば間違いなく後者でしょう。オススメの販売店豚や鳥に関しては難しい所がありますが、一つはミートガイというネットショップがオススメです。グラスフェッドビーフも比較的安価で購入可能ですし、無添加の美味しいソーセージがシャウエッセンばりの価格で購入可能です。ぜひ、参考にして頂ければと思います。

小麦がアレルギーの原因になる理由

小麦がリーキーガットやリーキーブレインの原因になることは、こちらをご覧の皆様はご存知かもしれませんが、その理由については詳しく知られてないかもしれません。そこで、今回は何故小麦がアレルギーを発生される原因になるのか、アレルギーを発生させない小麦の存在について簡単にご紹介したいと思います。小麦が何故悪影響を及ぼすのかこれに関しては、品種改良が進み、小麦中に含まれるグルテン、グリアジンの量が異常に増えた事に起因します。今の品種改良された小麦にはグリアジンという成分が過剰に含まれているため、腸や脳の有害物質をブロックする機能が解除されてしまう事が明らかになっています。つまり、品種改良が進んでいない古代小麦であれば、リーキーガットやリーキーブレインを発生させる原因にはならないという事ですね。安全安心な古代小麦古代小麦については、聞いたことがある方も多いと思います。スペルト小麦、カムット小麦、エンマー小麦が代表的なもので、今では自然食品店にも並ぶようになりました。これらの小麦はフタツブコムギと分類されており、厳密には小麦の原種ではありません。小麦の原種に関しては、ヒトツブコムギと呼ばれる存在があり、アインコーン等の品種がそれに該当します。ヒトツブコムギとフタツブコムギでは染色体に違いがありますが、どちらもアレルギー発症には無関係と言われています。しかし、より原種に近いヒトツブコムギの方が抗酸化作用などが高いと言われているのです。もし、より良い小麦を探されている方がいれば、ぜひヒトツブコムギをお買い求め頂ければと思います。