zuyu

2011年の震災をきっかけに、食の大切さ、 健康の大切さを知り、独自に勉強を始めました。
現在は代替医療の現場にてお仕事を行う傍ら、心身に良い影響を与えてくれる技術や食品などを探し続けています。
blog:https://zuyusun.themedia.jp/

記事一覧(15)

毛髪だけで健康状態が分かる!PRA検査について

皆さんはPRA検査について、ご存知でしょうか。以前にINYOUでも少し紹介させて頂いたのですが、メタトロンよりもさらに詳しく細やかな検査が出来るということで、自身の健康状態を細かく知りたい方や、他の病院ではどうにもならなかった方などから強い支持を得ている検査と言えます。検査なので色々な健康状態が測定出来るのですが、肉体の状態だけでなく精神的な不調の原因などを突き止める事も可能です。また、どのようなもの(例えば食品や日用品など)が自分に合うのか、という事も測定する事ができるんです。手持ちのオーガニック化粧品が肌や臓器などにどのような影響を与えているのか、いつも使っている調味料が体にどのような変化を与えているのかといったことも、全て数値で把握する事ができるので、利便性が高いというのも特徴です。これまでは善し悪しでしか判断できなかったものが、PRA検査では「どれぐらい良いのか、どれぐらい悪いのか」を分かりやすく理解する事ができるのは嬉しいですね。例えば、オーガニック製品とそうでない製品の結果の差を見たりするのも、かなり面白いものです。PRA検査は、現状国内では数十カ所の病院あるいはクリニックで受ける事ができますが、検査員の技量によってその正確さなどが変わってきます。病院の検査でも、検査技師や医師によって診断結果が異なることがよくありますが、その辺りはPRA検査も同様と考えるといいかもしれません。PRA検査のメリット1.来院しなくても、遠方から検査を受ける事ができる2.毛髪や爪さえあれば検査が可能なため、心身に負担がない3.統計から結果を導かないため、個人の体質に合わせた、完全オーダーメイドの検査を受けられる4.体質に合致した食品や日用品のセレクトに利用することが可能5.原因不明の症状で困っている時に、細かな原因を追求する事が可能6.人間ドックよりも安価で全身の状態をチェックする事ができる(取扱い場所によります)7.企業も、自社製品の品質チェックや開発に使用する事ができるもっと知りたい方は…PRA検査に関しては、インターネット上に出ているよりも詳しい情報を持っていますので、もし気になる方がいれば、気軽にコンタクト等からご連絡頂ければと思います。

「汚れをとる」専門家の方に色々な話を伺いました。

「作物に付着した様々な汚れ、これが品質を低下させているのでは?」このような考えを持ち、穀物類を中心に、付着した汚れを取るための専門機器を扱っている方がいらっしゃいます。今回、たまたま洗浄に立ち会う機会を頂いたので、自身でも洗浄技術を試させて頂きながら、ある企業の社長に少しお話を伺ってみました。意外と洗い流せない汚れが多い世の中において、様々な汚れが品質を低下させてしまうという情報はあまりアナウンスされていません。例えば、大気汚染の原因となっている化学物質が種子に何らかの形で張り付いたままだとすれば、その種子からできる製品には「化学物質が濃縮される」可能性がありますよね。もちろん、メーカー側でもある程度洗い流す努力はされるのでしょうが、吉崎さんの話では「実態としてはどれだけ取れているのか…」とのこと、現に相談に来るメーカーさんが多いという現実が、全てを物語っています。それに、業者さんの間には「汚れていたら次亜塩素酸などで殺菌すればいい」とする考え方も広がっています。これでは、流通したものを摂取する人達に悪影響を与えてしまいかねません。このメーカーさんの洗浄機は「化学的なもの」を使用せず、水のみを使用するのですが、それだけで付着している様々な汚れを落とし、砂や小石などを弾き、表面の菌類も洗い流すとのこと。それに、何よりも安全というのが嬉しいですね。ぜひ、このようなものがドンドン広まってくれればと思います。従来の洗い方は食品に悪影響を与えている多くの業者さんは、自社で食品を加工する際に何らかの方法で汚れを取るための処理を行っています。水道水を利用して、撹拌させるというのが一般的な所ではないかと思いますが、大抵は撹拌すると「表面が強く擦れ、傷がつきます」。それに、「食材が水に長時間浸かってしまう為に、汚れを再吸収してしまう」のです。特に豆類や種子類ではその傾向が強く、汚れをとるどころか汚れを内部に含んでしまうのです。吉崎さんの洗浄技術には、日本各地からアクセスがある吉崎さんの所へは、えごま、大豆、ごま、麦、小豆など、様々な作物の洗いについて日本各地の業者さんからアクセスがあり、作物を洗う機会があるそうですが、専用の機器で洗浄テストを行うと「小石や砂、その他にも小さくて黒い物質など」がよくとれるとのこと。今回、作物を洗浄する機会に立ち会うことができましたので、実際に取れた汚れの一部について、特別に写真を撮らせていただきました。その写真が以下のものです。

【使ってみた】腸内細菌を活発化させる素敵な健康食品を見つけました!

腸内細菌が話題に上る事の多い昨今、発酵食品などに熱い注目が集まっていることは皆さんも既にご存知ではないかと思います。腸内細菌を活発化させる、あるいは腸内環境を改善させるために取れる手段は沢山あるのですが、現実には腸内環境を改善させた効果を実感する事は、なかなかないと聞きます。そこで、今回ご紹介したいのが乳酸菌株の一つ、エンテロコッカスフェカリスAD101株を使用した製品「ニュートリションコッカス」です。今まで色々な健康食品やサプリメントなどを試してきて、確かに良いなと思うものは幾つかありました。しかし、この製品は、他のものとは少し違った特徴があるのです。AD101株は薬理作用に関する特許を取得しているニュートリションコッカスに含まれているAD101株は、以下のように数々の特許を取得しています(これらは一部です)・抗動脈硬化作用・腸内細菌叢改善作用・血中コレステロール低下作用・肝機能改善作用・抗発癌作用・過酸化脂質減少作用AD101株から抽出した物質は、腸内細菌群を著しく増加させる作用があるため、発酵食品群の摂取等では補いきれないような方に、特にオススメです。腸内細菌群のご飯も一緒に摂取する事が可能この製品には、他の製品と少し違ったコンセプトが見られます。それは、腸内細菌群が必要とするであろう食品、栄養素を豊富に含んでいるという事です。あまりに含有量が多いため、小さなお子様にはあまりお勧めできないと言う話も聞きましたが、これについては、摂取量を減らす事で対応できそうなので、あまり問題ではないと思います。ビタミンやミネラル、ファイトケミカルも豊富腸内環境の改善を謳う製品はよくありますが、前述の通りビタミンやミネラルが豊富な為、他にマルチビタミン&ミネラル系のサプリメントなどを摂取する必要がありません。ビタミンやミネラル系のサプリメントを定期的に摂取されているのであれば、この製品に変えてみるのも一つの手かもしれません。飲んでみた感想小さな錠剤タイプで、1日に5粒が目安です。飲むタイミングは特になく、味は特に強くありませんが、お子様が好きそうな柑橘系の香りが漂っています。微量ながらも、香料などが入っている為「添加物は絶対にダメ」という方にはお勧めできませんが、少量ならOKという方にはとてもお勧めです。自分自身は、含有成分の何が効いたのかは分かりませんが「疲れにくくなった、肌や爪の感じが良くなってきた」ように思います。疲れやすい、眠りが浅い、感情の制御が苦手(短気)、物忘れが気になる、そんな方にもお勧めです。気に入ったキッカケこの製品を愛用されている方が、嘘みたいに穏やかな性格に変わったのがキッカケでした。どちらかと言えば短気で、ちょっとした事でも店員さんに怒ってしまうような方が、嘘みたいに明るく優しくなったのを見て、思わず自分も使ってみようと思ったのです。腸内環境は性格に影響を及ぼすとは言いますが、腸内環境の改善と栄養素の補充という組み合わせは、かなり良いのではないかと思っています。

病気はどこから来るの?人生体験に潜む病気の種。

※本記事は独自の理論に基づいてお話をしてまいります。私たちはなぜ病気になってしまうのか近年、「どうして病気になるのか」ということについて、議論されることが一般的には少ないように思います。確かに、一般的な病院では病気になる根本の原因についてあまり触れることがありません。食事、運動、人間関係など、これらの中に病の要因が潜んでいることが多いものですが、実際には「病気は突然やってくる、薬を飲めば治る、病巣は切除すれば治る」という誤った意識をもたれている方も多いようです。身体が弱っていく、あるいは病気になる原因が生活の中にあると考えた場合、症状を治めるための治療を施すだけではなく、病気になってしまう根っこの要因を改善しなければ、同じような形で再発、あるいは違う病態として発症してしまうため「何度も繰り返し病を罹ってしまう」などの現象が起きてしまいます。「○○が治ったと思ったら、今度は○○に罹ってしまった」というような話、よくありますよね。体調が長らく悪いと言う方には、それなりの理由が存在しているのです。こういった問題を根本から改善するためには、「どうして身体が悪くなってしまったのだろう」ということを、皆さん自身で考えてみることが大切です。不摂生はなかったか、身体に悪いものを継続的に摂取していないか、対人関係における強いフラストレーション、何度も繰り返し考えてしまうような悩み事を抱えていないか、中にはご本人もすっかり忘れてしまっているような「幼少期の心の傷、心残り」などが強い影響を与えていることもあります。ご自身のプライベート、これまでの人生体験の中に潜む「隠された問題」を明るみに出すこと、その問題を解消していくことによって、身体の治癒作業を根本から進めていくことができるのです。私たちが育む病の種とは「病気は、私たちに生き方を変えるよう知らせてくれている」といった旨の発言を行った著名人も少なくありません。今、国内では様々な病に罹患される方が増えていると聞きますが、もしかしたら「新たな生き方をするように」と、誰かが知らせてくれているのかもしれません。繰り返しますが、病の多くは突然降って湧いてくるものではありません。日々の生活、あるいはこれまでの人生体験の中に「病気の種」があるのです。たとえ原因が食品添加物や重金属などの有害物質であったとしても、それを摂取するかしないか、あるいは排出させるための努力を行うか行わないかは、全てご自身で選択することができますよね。多くの場合、病の種が芽吹くか芽吹かないか、あるいは芽吹いた後の対応も、自分の力でコントロールすることができます。そこでは、少し意識を変えてみることがポイントです。意識を変えるとは?例えば、病を患った時は医師やヒーラー等に全てを委ねるのではなく、ご自身で主体的に治療を行っていこうとする前向きな気持ちが大切です。病が発症するに至ったキッカケは何か、どうすれば改善するのか等、手助けしてくださる方と密にコミュニケーションを取りながら治療を重ねていくことで、「自分の力で心身をコントロールすることができる」という体感を積み重ねることができます。病になった原因が自分の中にもあることを受け入れ、意識や行動を変えることによってその要因を解消する。この一連のプロセスを経ることで、初めて「根本から病を解消する」ことができるのではないかと思います。また、これによって「病の種、あるいは芽」を摘んだと言い換えることができるでしょう。多くの治療家は、皆さんが「病気を治そうとする力」に手を添え、手助けをしているに過ぎません。そのためにも、各々が新たな事実を知り、受け入れることは皆さんの意識を変えることに役立ちます。自己暗示によって瞬間的に症状が改善されることがありますが、それほど「意識の力」は大きいのです。不要なイメージを手放すことも有益ですまた、過去に受け取ったことのある「自身にとって不要な情報」などを手放すことも大切です。例えば、周りの方から「あなたは○○だよね」と、何らかのイメージを想起させる言葉を向けられたとします。その言葉をあなたが受け入れた時、あなた自身に言葉の作用が少なからず生じます。それがポジティブなものであれば良いでしょうが、ネガティブなものであった場合は「自身にマイナスの影響」が生じるのです。つまり、周囲から与えられた言葉・評価は、最終的にあなた自身がしっかりと選別を行い、取捨選択をしていく必要があると考えるのです。しかし、若い頃からそのような選択のできる方はなかなかおらず、多くの方が「過去、周囲から与えられたネガティブな情報」を少なからず、持ったまま生きています。自身にとって不要な「ネガティブなセルフイメージ、世界観」を持っていることにもし気付いたなら、上手に手放してあげることが大切です。同時に、現実と乖離した情報、偏った知識、思想、常識なども私たちの可能性を狭めてしまいます。例えば、「病気は医師と相談を行い、薬や手術で治すもの」といった考えも、一度手放してしまえば、あなたは全く違う方法を探し、なんとか治そうとするでしょう。そう考えてみると、もしかしたら一般的に常識と呼ばれる「暗黙のルール」の外側にこそ、様々な可能性や未来が広がっているのかもしれません。自分自身を「情報・記憶レベル」においてクリアな状態に近づけ、自分自身にとって、よりよい選択ができるように、気を付けていきたい所ですね。

知るとやりたくなる「掃除の本質」

毎日誰もが普通にやっている掃除。好きな人、苦手な人、嫌いな人、色々な人がいると思いますが、皆さんはいかがでしょうか。掃除が好きで仕方がないという方もよくいらっしゃるのですが、「疲れていて面倒臭い」、「なんとなく気が進まない」という方も多いと思います。一般的に、掃除と言えば汚れている所を綺麗にする。というようなイメージがあります。散らかっているものを片付けたり、ゴミを捨てたり、細々と置かれていたものを一定のルールに基づいて綺麗に整頓したりする訳ですが、これは何もモノだけを物理的に片付けている訳ではありません。私自身は風水等の勉強をした訳ではないので専門的なお話は出来ないのですが、結論から言えば「掃除の本質は、部屋の中のエネルギーの乱れを整える」ことにあるのではないかと、私は考えています。そこで、今回は独自の考えを元に掃除のお話をさせて頂きます。掃除をすると、どういう事が起きるのか特に物が散乱しているわけではないにも関わらず「部屋が片付かない感じ」を、体験したことがある方は多いと思います。また、部屋にいると落ち着かない、という方もよくいらっしゃいますよね。この原因は、部屋のエネルギー(気)の状態が散らかっているからです。エネルギーと言っても特殊なものではありません、人と同じように「空間にも一定の波長がある」と考えてみれば分かりやすいかとしれませんね。部屋は自分自身の心を映す鏡のようなものです。住んでいる場所=自分が生活する上での土台と考えてみると、大切さが分かりやすいかもしれません。部屋の波長が乱れる原因は幾つかが考えられます。掃除や整理整頓が行き届いておらず、空気などが淀んでいる。極端な換気不足。水周りが汚れている。この辺りが原因となっているパターンが特に多いのではないでしょうか。特に玄関、水周りに関しては、よく仕事で成功した人が言いますが「気の流れを大きく左右する」ため、仕事で出世したい、金運をあげたいなど、人間関係を改善したいなど、様々な運気を上げたければ、最低でも玄関や水周りを清潔に保つのはマストと言えるでしょう。また、苦手な人や、自分を嫌っているだろう人から頂いたモノを部屋に置いている場合にも、部屋の空気が変な感じになる事があるので、人から貰うものに関しては、特に注意をすることが大切です。欲しいものがある時は、あらかじめスペースを作る事が鉄則何かが欲しいけど、なかなか手に入らない時ってありませんか。例えば、お洋服を欲しいのになんとなく買わないだとか、家具を新調したいかど手が伸びないなど、なんとなく欲しいものが手に入らない時ってありますよね。そのような時は、あらかじめ欲しいものが入ってくるように「スペースを空けておく」事が大切です。例えばお洋服なら、クローゼットを整理して要らない服を処分しておく。家具なら、直ぐに置けるスペースを作るなど、すぐに入れられる体制を整えておくと、すんなり手に入ったりするので、ぜひ意識してみて下さい。