以外と知られていない飲料水の大切さ。水は身体を作っている。

日本に住んでいると、きゅっとひねるだけで幾らでも水が出てくるわけですが、水が水源から蛇口に到達するまでにはカナリ過酷な経緯を経てきていると思います。


ただ、日本の水はそのまま飲用するにはちょっと怖い面がありますよね。皆さんも知ってる塩素やカルキの害です。飲用しても、シャワーを浴びても、お風呂に入っても影響があると考えると、つい…


家中の蛇口に浄水器を設置しよう!


なんて気持ちになってしまったりもします。

ちなみに我が家では、お風呂のシャワーヘッドは良い物がないか検討中で、台所にはπウォーターシステムと呼ばれる浄水器を設置しています。

浄水器を設置して良かったのは、まず塩素の匂いを全く感じなくなったということ。それに、ここから出てくるお水を観葉植物などにあげだしてからというもの、植物がにょきにょきと巨大化を始めたものですから、やっぱり水って大事なんだなと思いました。


ちなみに、塩素の害は結構知られているようで、その危なさについては意外と知られていません。それに「お肌の大敵」なので、美容に気遣っている女性の皆さんには、特に気を付けていただければと思います。

25℃以上になると塩素が気化して”有毒性が高まってしまう”ので、できれば塩素だけでも除去できるようなシャワーヘッドを取り付けることをお勧めします。

↓ 例えばこういった感じのもの ↓


塩素は肌の乾燥を誘発したり、経皮吸収という形で女性器系にも負担がかかります。塩素なんて別に大丈夫じゃないの?と思うかもしれませんが、塩素を除去するだけで髪がツヤツヤしてきた!肌がかさかさしなくなった!なんて話も多いものです。


これまではあまり気遣っていなかった皆さん、そのままの水道水は意外と有害だったりしますので、ぜひ良いお水を飲んだり浴びたりするようにしてくださいね。

※飲料水なら大抵のミネラルウォーターより、ブリタなどの簡易浄水の方が良い気がします

Zuyu Lab

ホリスティック医療の現場から、様々なことをお伝えしたいと思います。 また、自分自身が気にいったもの、好きなもの、考えていること等についても、ゆるく書いていきます。