「波長」を用いた治療法の台頭

色々な病気に苦しまれる方が増えているようですが、その一方で「新しい治療法」として、「特定の波長(周波数)」を用いて、体の状態や心の状態を始め、様々な不調を癒す事の可能な治療法が徐々にではあるものの、浸透してきています。

直近では、医療機器として厚労省に認可されたAWGという機器も、特定の周波数を用いて癌を始めとする様々な疾患を緩和、治療する効果が認められています(実績も多数あります)。
 
私はこのような治療法を行う医療機関にて勤務をしておりますが、口コミを中心に「一般的な医療機関での治療では難しかった」方々が来院される事が増え、需要が高まっているという事実を肌で感じております。

私の勤める医療機関では、特殊な検査方法を用いてその方の状態を細かくチェックし、食を中心に「その方に合った」体質改善の方法をお伝えしておりますが、病院での治療では不調の改善が難しかった方が、食を中心とした情報を参考にされた結果、「お薬が不要になった」「血液検査で引っかからなくなった」「不調が改善した」などの感想をいただく事が増え、今の仕事をしていて良かったと感じております。

このように、食を通じた治療はもちろん大切なのですが、近年では「心身の乱れた状態を、特定の波長を用いる事で改善する」方法が台頭してきており、不調の改善を始め、大手企業でも波長を利用した検査等が活用されるようになってきております。

ドイツ等では一部保険適用されるものがありますが、日本ではまだ自費診療であり、国内での普及には時間がかかりそうな見通しです。

もっと、このような治療法、そして病の根源となる原因を究明できる検査方法が広まって行けばと思います。

Zuyu Lab

ホリスティック医療の現場から、様々なことをお伝えしたいと思います。 また、自分自身が気にいったもの、好きなもの、考えていること等についても、ゆるく書いていきます。