安全で美味しいお肉とは?

健康志向を目指す方の中には、「私はお肉は食べません」という方も少なくありません。

お肉を食する事の可否に関しては諸説ありますが、私自身は「体質、あるいは思想」にあわせて選んで頂ければと思います。

実際、エネルギーが枯渇気味な方にとってお肉は「強いエネルギー(栄養素)」を取り入れる事が可能な食材です。

VB12など、動物性食品からでないと取りにくい栄養素もありますよね。

お肉を食べない方が良いと言う話に関しては本当に諸説ありますが、いずれの説も視点が極端な印象があります。

お肉を食べることで癌になるという説は「食べているお肉が良くない」だけですし、「生き物の肉を食べる事は良くない」のであれば「心を持つ事が分かっている植物(野菜やお米)はどうするの?」と思います。

少し話は逸れましたが、今回は「安全で美味しいお肉ってあるの?」という疑問に対し、情報を簡単にまとめてみたいと思います!

どう選べばいい?

どのお肉を選ぶに関しても、共通のポイントはあります。まずは生育過程における薬剤の投与量が少ないこと。ワクチンや抗生物質、殺菌剤なども入ります。
また、食べているご飯は重要です。生き物達の体も「何を食べているか」で内容成分や栄養が変わります。

牛であれば穀類を与えず、牧草を食べているかどうか。豚や鳥であれば飼料の質(適当なミックスの業務用飼料ではなく、人が食べられるようなものをもらっているか)に気を配る事は、とても大切です。

また、いずれの生き物に関しても「ストレスフリー」であるほど、品質が良くなりますので、放し飼い、ゲージフリーといったものを選んだ方が、良いものに出会えるでしょう。

美味しくて良いものを食べ、毎日を楽しく生きたもの達の命と、よくわからない薬漬けのご飯しか食べられず、狭い中で身動きも取れないまま育てられた命と、どちらを頂きたいかと言われれば間違いなく後者でしょう。

オススメの販売店

豚や鳥に関しては難しい所がありますが、一つはミートガイというネットショップがオススメです。

グラスフェッドビーフも比較的安価で購入可能ですし、無添加の美味しいソーセージがシャウエッセンばりの価格で購入可能です。

ぜひ、参考にして頂ければと思います。

Zuyu Lab

ホリスティック医療の現場から、様々なことをお伝えしたいと思います。 また、自分自身が気にいったもの、好きなもの、考えていること等についても、ゆるく書いていきます。